真南条水族館をつくろう! 城南小4年(ささやま写真新聞)

城南小学校の4年生が10月2日(火曜日)、篠山東雲高校の田井先生と生徒の皆さんを講師に迎え、真南条川の生きもの調べをおこないました。
この取り組みは、環境分野に詳しい市民が講師となって授業をおこなう「エコ・ティーチャーのおもしろ環境講座」を活用して実施されたものです。
 
PA021043.JPG
 
 
川を目の前にして網を持つと一気にワクワク感が高まります。
高校生の皆さんに優しく教えていただきながら、水際の草の根元をゴソゴソしたり、底の石をひっくり返したり、隠れている生きものを探しました。
 
PA021074.JPG
 
PA021071.JPG
 
 
武庫川の上流域は、県下で希少な水生生物がもっとも集中してみられる場所で、一部の区間は重要な生態系として兵庫県版レッドリストでAランクに指定されています。
この日もゲンジボタルの幼虫やアカザなど、貴重な生きものが見つかり、すてきな真南条水族館が完成しました。
今回の生きもの調べが身近な自然や生きものに関心を持つきっかけになったことと思います。
田井先生、生徒の皆さん、ありがとうございました。

PA021084.JPG

PA021077.JPG

 

 

このページの先頭へ戻る