西京街道ツアーモニター(ささやま写真新聞)

2018年10月28日(日曜日)に、篠山市内で西京街道モニターツアーが開催されました。

この事業は文化庁の「観光拠点形成重点支援事業」の一環で、今回で3回目の開催。京都からの観光客ら、20人が参加しました。

当日は園部駅発(京都府)で福住から篠山を経由するルートをまわりました。

福住地区川原の住吉神社で神社の参拝の方法のレクチャーを受けた後、神社にある日本を代表する作庭家である重森三玲が作庭した「住之江の庭」を見学。その後は福住にある宿場町ホテルNIPPONIAの中を見学しました。

神社の参拝の方法をレクチャー

神社の参拝の方法をレクチャー

住之江の庭

 

さらにバスで移動して河原町で昼食を楽しんだ後は、町並みを散策し、丹波杜氏記念館で日本酒の作り方と文化を教わりました。

その後は鳳鳴酒造で日本酒を試飲し、最後は枝豆の収穫と試食の体験をしました。

DSC_0284.JPG

DSC_0401-.JPG

DSC_0405-.JPG

DSC_0500-.JPG

参加者は、行く先々で解説に耳を傾けていました。

今回のツアーを通して篠山の魅力を体験していただきました。

このモニターツアーは、あと1回開催する予定です。

このページの先頭へ戻る