【短期里親】楽しい年末年始になりました(ささやま写真新聞)

  篠山市では、児童養護施設の児童が年末年始の一週間の間、市内の家庭で過ごし、温かな家庭の雰囲気の中でお正月を迎えることを目的とした「年末年始短期里親事業」を行っており、今年で57回目となります。 

 今年度は、加古川市の児童養護施設「立正学園」から4名の児童が篠山に来てくれました。平成30年12月28日から平成31年1月4日まで市内の3家庭で、お餅つきをしたり、雪であそんだりして、楽しい年末年始を過ごせたようでした。

 

2IMG_1014.jpg

このページの先頭へ戻る