幼稚園・保育園合同の田植え体験

 5月29日(水曜日)、かやのみ幼稚園児(年少14人・年長14人)と城東保育園3歳児(16人)合計44人で、今年も力を合わせて田植えをしました。

田植えを予定していた28日(火曜日)は、あいにくの雨で翌日の29日に実施しました。

前日の雨のせいか、いつもより涼しい朝を迎え、元気いっぱい城東保育園を出発した園児たちは、かやのみ幼稚園のお兄さん、お姉さんと合流し仲良く手をつないで田んぼへ向かいました。

地域の方、農業委員さんにご指導いただき、アマガエル、アメンボがすいすい泳ぐ田んぼの中へと足を入れました。

ひんやりした水、泥の感触を肌で感じながら、園児たちは、苗を優しく持って、苗が倒れないようにそっと植えました。何回か植えているうちにコツをつかんで、上手に植えることが出来ました。

これから小さな苗がどんな風に生長するのか、とても楽しみです。秋には、合同で稲刈りをする予定です。

お世話になった皆様、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

 

幼稚園児、保育園児仲良く手をつないで田んぼを目指す様子

幼稚園児、保育園児仲良く手をつないで田んぼを目指します。

 

田植えを楽しんでいる様子

 田植え楽しいよ!

 

幼稚園児が慣れた手つきで田植えを楽しんでいる様子

 幼稚園児は、慣れた手つきで上手に植えています。

 

保育園児が先生と一緒に田植えをしている様子

 保育園児は、先生と一緒に田植えをします。

 

お世話になった地域の方にお礼を言う様子

 お世話になった地域の方にお礼を言います。

 

泥で汚れた足を水路で洗っている様子

 泥で汚れた足を水路で洗っています。

 

 

 

このページの先頭へ戻る