城東小4年生「川の中には何がいる?」(丹波ささやま写真新聞)

城東小学校の4年生が6月18日(火曜日)、曽地川で「川の中の生きもの調べ」を行いました。
この取り組みは、市が実施している、環境分野に詳しい講師を招いて授業を行う「エコ・ティーチャーのおもしろ環境講座」の一環で、城東小学校は昨年もこの講座を利用されています。

講師を務めたのは篠山東雲高校の田井彰人先生と自然科学部の皆さん。
自己紹介をしたら早速川に入って網を動かします。

P6180131.JPG

「これは何ー?」「魚とエビめっちゃ獲れた!」と高校生のお兄さんやお姉さんに話しかけては、捕まえた生きものを水槽に入れていきます。

P6180197.JPG

みんながメダカだと思っていた小さい魚はカワムツの稚魚と判明。競うようにいろんな種類の生きものを捕まえました。

 

「もうおわりー?」と残念そうな声が聞こえる中、どんな生きものいたのか、高校生の皆さんがそれぞれ解説します。

サワガニのオスとメスの見分け方などの豆知識も教えてもらいました。

P6180222.JPG

P6180257.JPG

絶滅のおそれのある野生生物をまとめた「レッドリスト」に掲載されているシマドジョウがたくさん見つかったことから、昨年同様曽地川はきれいな水のままで、生きものが住みやすい豊かな環境であることがわかりました。

P6180166.JPG

子どもたちは生きもの探しが大好き!

夏休みには家族一緒に川遊びに行くのもおすすめですよ。

 

 

 

このページの先頭へ戻る