初開催「丹波篠山妻入りマルシェ」(丹波ささやま写真新聞)

2019年11月2~4日、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている河原町通りで、「丹波篠山妻入りマルシェ」が開催されました。
初の開催で、雑貨やお菓子、旬の食べ物など市内のお店を中心に約30店が軒を連ねました。

ここでは、京阪神から毎年約2万人が訪れていた「ササヤマルシェ」が開かれていましたが、惜しまれつつも昨年その幕を下ろしました。

にぎわいをなくさないために、「小規模からでもいい、続けていきたい」と、住民や有志で話し合い、新たなマルシェイベントを企画。開催に至りました。


来場者は、ゆったりと散策しながら、イベントや町並みを楽しんでいました。

河原町通り

fullsizeoutput_33c.jpeg

飴屋さん

マルシェを楽しむ人たち

古民家におしゃれな雑貨などが陳列されています

IMG_0714-1.jpg

マルシェを楽しむ人たちを記念に撮影

河原町通り2

 

このページの先頭へ戻る