災害に備えましょう「防災とボランティア週間」(ささやま写真新聞)

平成7年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」を踏まえ設けられた、「防災とボランティア週間(毎年1月15日~21日)」。

 「災害は必ずやってくる」もしもの備えは大切です。篠山市役所本庁舎では、組み立てが簡単で避難所生活のストレス軽減を図れる段ボールのベッド、カンパンやアルファ米、耐震固定具などを1階市民ホールに展示しています。

 また、阪神淡路大震災の新聞記事や現場写真、災害支援ボランティア活動をパネルで紹介していますので、防災についての認識を深めるとともに、災害への備えを充実・強化させましょう。

 

IMG_7036.JPG

このページの先頭へ戻る